読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「知らず知らずのうちに使っているお金」、意識したことがありますか?

http://www.flickr.com/photos/29468339@N02/4612035503

photo by @Doug88888

普段、いつもの通り生活していると「知らず知らずのうちに使っているお金」って意外に多いんですよね。一人暮らしを始めるとより顕著に見えてくるようになりました。

ですが、こういった出費って当然ながら非常に勿体ないわけです。できることなら減らしたい、理想は意図しない支出が0になれば最高です。

 

それを解消するために何をすべきかというと、まずは現状の把握でしょう。日常生活で知らず知らずのうちの使ってしまっているお金について知ることから全てははじまります。

 

銀行ATMの手数料

http://www.flickr.com/photos/10190604@N06/8624128705

photo by Travel Aficionado

これはもうかなり分かりやすい例なんじゃないでしょうか。

ぼく自身、時間外にお金をおろす機会もあるのでその度に105円、もっとひどいときは210円と、手数料が発生してしまいます。

これは、まったくもって無駄な支出なので、できるかぎり0円にしたいところです。

 

で、改善策はというと、

  1. 第三のATMを使わず、銀行に行って下ろす
  2. クレジットカードを使うなどして現金の利用を避ける

といったところでしょうか。

 

もっとも手っ取り早い手段は1ですね。時間を気にして、その銀行のATMを利用すれば手数料はかからないはずですから。これを、面倒臭がって最寄りの銀行のATMとかに行っちゃうから無駄に手数料が取られるわけで。

 

あとは、クレジットカードにしてしまえば手数料を支払う場面はかなり少なくなるかと思われます。実際に、全くを現金を持ち歩かない人も増えているそうで、この流れはより進んでいうでしょうね。

 

交通費

http://www.flickr.com/photos/23969527@N05/3673325713

photo by abaransk

 

次に交通費です。

電車代って、スーパーなどで食料品などを買うときよりなんだかサクサク使っちゃうみたいなことないですか?

ぼくも現在住んでいる千葉から都内にでかけることがよくあるのですが、例えば渋谷に行って帰ってくるだけで1500円はかかってしまいます。

 

これもいわば無意識のうちに使ってるといっても過言ではない状態ですよね。交通費なんていう本来実体のないもので出費が嵩んでしまうのは非常に勿体ないことです。

 

解決策としては、まずなるべく無駄な移動を減らす。これに尽きます。しかし、どうしても移動してやらないといけないことがある場合は、一斉に用事を済ませてしまうことですね。「これは必要な交通費なのか」ということを常に念頭に入れて動くと、無駄な出費が抑えられます。

 

いまざっと挙げるとこの2くらいですね。「知らず知らずの出費」というものは。

ただ、一つ注意したいのが「お金があればガンガン効率の良い方に投資してもい」ということです。

 

月数百万稼ぐような超多忙な人が、「交通費が勿体ないから」という理由でタクシーで帰れるところをわざわざ歩いて帰る、みたいなことをする必要はないですよね。

「Time  is Money」と言うように、時間はお金で買うことができます。高いお金を払って、より効率のよい手段を選んで時間を短縮する、という使い方は有効な使い方であると言えるのです。

 

例えば、潤沢な預金がある人にとって「コンビニのATMだと手数料が無駄なので、15分かけてでも銀行でお金をおろそう」という考えは、却って非効率的であると言えますよね。だって、いっぱいお金あるんだし。

 

ですから、もっと本質を見極めると「これは有効な投資であるといえるか?」ということをお金と時間の両面で考えると、「あぁ、、もったいないことをした、、」と失敗することは確実に減ります。

 

最後に、予定を見誤って数時間の暇つぶしをするために、わざわざカフェに入ってそこそこ高いカフェモカを飲んでいいるぼくは、完全に「時間」と「お金」を無駄にしていると言えます。反面教師にしましょう。