読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【写真レポ】「LAMY2000」を買った? ならば芯は今すぐ「JETSTREAM」のリフィルに交換すべし

先日、喜ばしいことにプレゼントとしてLAMYの多軸ボールペン「LAMY2000」を頂いたのでご紹介します。

LAMYと言えば一時期「けいおん!」のキャラが「サファリ」というシャープペンシルを使っていたことで話題になりましたね。クラスのなかで目立つ黄色いペンが被ってしまうという珍しい事例も数多く報告があったほどです。

 

驚くほどシンプルで洗練されたデザイン

1966年にデザインされた、この「LAMY2000」という名称の由来は「西暦2000年になっても使えるデザイン」ということなのですが、噂に違わぬ超かっこいいデザインです。惚れ惚れしますよ。コレ。

表面は特殊な加工を施しており、クールな洗練された見た目にも関わらずどこか暖かみを感じます。先端部のみシルバーになっており、ガジェット感もありますね。

f:id:zuboriradio:20140403202805j:plain

さらに、思ったより重量が軽く、長時間の筆記にも耐えることができます。それでいて、汗でべたつく心配もないという。一体どこに欠点があるというのでしょうか。 

そんな、最高にクールなLAMY2000なのですが一点だけ残念な点がありまして。それが、純正の芯が非常に残念なんです。書き出しでインクがかすれてしまうという欠点があって、唯一マイナスポイントなんですよね。その他が完璧なだけに非常に残念…。

 

純正がダメだ?じゃあ、別のものに替えればいいじゃないか

ボールペンって、便利なもので純正品以外のリフィルでも対応してたりするんですよね。そこで、僕もこのペンの良さを最大限に引き出すべく純正リフィルを別のものに取り替えることにしました。

 

取り替えるのは、こちらの商品。

そのかつてない滑らかな書き心地から、文具業界で革命とまで言われた「JETSTREAM」の多軸ペン用リフィルです。JETSTREAMは普段から愛用しているので、まさに「ん、、、?コレの中にアレを入れて使えば、、、最強じゃね?」という感覚。鬼に金棒とはまさにこのこと。

 

今回は黒・赤・青・緑の4軸のうち緑を除いた3本の交換に臨みます。

f:id:zuboriradio:20140403202234j:plain

 また僕は細い軸のボールペンが好きなのでリフィルも0.5mmのものを用意しました。

 

実際にリフィルを交換してみた

では早速、交換の様子を写真レポでお送りします。

こちらがJETSTREAMのリフィル。

f:id:zuboriradio:20140403202524j:plain

次に本体のキャップを外して、交換する芯を取り出します。

f:id:zuboriradio:20140403203155j:plain

純正品とJETSTREAMのリフィルの比較。

f:id:zuboriradio:20140403203216j:plain

このタイプの軸は本体が金属でできていて非常に高級感があります。値段は張りますが…。

そして運命の取り付け。緊張の一瞬です。「もしかして壊れるかも…?」なんていう一抹の不安が脳裏をよぎります。

f:id:zuboriradio:20140403204325j:plain

なんとか、取り付けが完了しました。あぁ、あの不安を返して欲しい。

 f:id:zuboriradio:20140403204337j:plain

というわけで、一連の取り付け作業が完了しました。純正品からの交換ということで若干の不安はありましたが難なく交換することができました。せっかくなので、簡単な動画にしてみました。

 

 すこーしだけわかりやすくなりました。

 

安心・安定のJETSTREAM

 やはり、革命児・JETSTREAMだけあって書き味は折り紙つきです。純正品より段違いになめらかで、最初にインクがかすれるなどいう心配は皆無です。最高としか言えない。

f:id:zuboriradio:20140403204634j:plain

こうして見ても純正(0.7mm)とJETSTREAMのリフィル(0.5mm)の違いが窺えます。若干ですが細く見えます。こうなれば唯一の欠点もなくなったに等しいのでもはや敵なしです。これでこのLAMY2000を晴れてペンケースの1軍に迎え入れることができましたので、コレ一本で今後10年くらいは戦いぬくつもりです。

関連記事