読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オードリーが好きな芸人を語り尽くす回:オードリーのANN 2013.12.21放送

今日はふと思い出して、昨年末のオードリーのオールナイトニッポンを聞いていました。それぞれが好きな芸人の話をしているのですが、芸人が好きな芸人って意外に語られてなくて面白いんですよ。

若林:サトミツ(どきどきキャンプ・佐藤)とは全然意見が合わない、俺は(笑)

春日:合いそうなもんだけどね。

若林:ううん、全然合わない(笑)

春日:あっそう!へぇ〜

若林:で、それは当然なんだよ。別々の人間で、何で笑うか、その人の環境とか、生き方とか。

春日:そうですね。

若林:春日さんとも違うだろうしね。

春日:まぁまぁ、そうだろうね。がっちりしたところは合わないかもね。

若林:漫才、コント、ピン芸、問わずどうしても笑っちゃうとか、その人がネタやるってなったら袖まで観に行っちゃうとか、テレビに釘付けになっちゃうって人、春日はだれ?

春日:誰だろうな〜。まぁ、グラップラーたかしとかね。

若林:あぁ〜〜

春日瞬間メタルも笑っちゃうけどね〜。

若林:前から言ってるもんね瞬間メタルは。

春日:あとは、劇団ひとりさんとか。

若林:あ〜わかるわかる。

春日中川家さんも笑っちゃうね(笑)

若林中川家さんも絶対見たいね〜

春日:うん、タカトシさんとかもね。

若林タカトシさんも面白いよなぁ〜

春日:すげえ、バカだからタカさんが(笑)漫才中ずーっとバカなんだよね(笑)

若林:年々バカになっていくよね(笑)「バカなこと言うなぁ〜」って思うよね(笑)

あれって、作りは「正統派漫才」って言われもいいような作りだけど、収まらないよねバカさが。タカトシアンタッチャブルさんって結構正統派の漫才コントじゃん。けどそこに収まらないよね〜。

春日:そうだね。

若林:「バカだなぁ〜」って思うもんね、ネタ見てると。おれはでもあと、東京ダイナマイトさんだね。

春日:おもしろいね。

若林:「もしもし」(笑)あれ、おもしれぇんだよなぁ〜。俺あとね、なすなかにしさんもそうなの。

春日:あ〜。

若林なすなかにしさんは、YouTubeとかもすごい見ちゃうし本人に伝えたことないんだけど、めっちゃくちゃ好きなんだよね。

春日:へっへっへ

若林:あの、ボケの人がさ先輩だけどさ、叩かれても微動だにしないのが面白いんだよね。ずーっと歌い続けたり。ちょっと、痛いっていうリアクションをする人と、全然効いてないっていうリアクションをする人がいるんだけど、俺は効いてないリアクションをする人が好きなのよ。

春日:(笑)

若林:同じとこぐるぐるずーっとやったりすんのよ、なすなかにしさんって。

春日:へぇ〜。

若林:ツッコミの方も、本当にイライラしてて面白いし。あとは、友近さんだね。単独ライブ行きたいとは毎年思うんだよなぁ。

春日:うん。

若林友近さんのさぁ、ミュージカルみたいなネタ知ってる?

春日:ミュージカル?

若林:2年くらい前の「検索ちゃん」でやってたんだけど知らないかなぁ?今度、持ってくるよ。お前に貸してあげるよ(笑)

春日:ちょっと見てみたいね(笑)

若林:そしてこの、「チーム付け焼き刃」のメンバー各々が一番好きなネタを編集して、7本くらい。で、焼いてきたやつをみんなで交換しあいっこしない?(笑)

春日:お笑い研究会じゃねえんだからさ(笑)

 何組か芸人の名前が出てきましたが、中川家はほんとに芸人が好きそうですね(笑)ネタ番組で他の芸人がめちゃくちゃ笑ってるのをよくみるイメージです。

 

それから、なすなかにしは結構意外でしたね。正統派の漫才師なんですけど「この流れでそこ来るか」って感じで。めちゃくちゃおもしろいんですよね。


2014 なすなかにし漫才 - YouTube

まず声がもう既にそれっぽいです(笑) どこの大御所が来たんだ?と思いますもん。それから若林が指摘するように本当にツッコミに対して微動だにしないんですね。全く意に介さない感じで見ててじわじわきます。これができるのはすごいなぁ。

こうして「芸人が好きなネタ」を集めただけのDVDとか観てみたいですけどね。「プロはこういうネタが好きなのか〜」って新たな発見も多いと思いますし。僕も機会があれば「死ぬまでに見たい7本のネタ」みたいな感じで紹介できたらいいですけどね。それまでにはもっともっといろんな芸人のネタを観てみないといけないと思いますけど。