読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵比寿でピザが食べたくなったらもう「ダ・ミケーレ」しか考えられない

Pizza レビュー

f:id:zuboriradio:20160228144017j:plain

このブログで何度か書いているピザ情報、今回はおしゃれOLが跋扈することで知られている街・恵比寿へ。

どうせ、ちょっと大きめの紺のストールを首に巻き、やや高めのハイヒールを履いているOLがたくさんいるんでしょう。そして週末は、個室の薄暗い雰囲気の創作和食居酒屋で3 × 3の合コンをしているんでしょう。

 

今回行ったのは恵比寿の名店、「ダ・ミケーレ」。

食べログの数値も★3.6と好評価です。それにしても食べログの「★3.5以上ないと、あんまり勇気を持って紹介できない感じ」ってなんなんでしょうね。

店は恵比寿駅から歩いて5分ほどのところにあります。ちょっと大きめの道路に面しており、看板はもちろん大きな店自体も目立つので、そんなに迷うことはないはず。

f:id:zuboriradio:20160228144242j:plain

店に着くなり目に入ってくる「世界一のピッツァ召し上がれ」と書かれた看板。ハードルの上げ方がエグい。これは、相当な自信ですよ。

「もし仮に、あなたがまだ昼食をとっていなくて小腹が空いているのだとしたら、ぜひ立ち寄って食べてみてはいかがですか? えぇ。無理にとは言いません。もし、可能でしたら、の場合です」と、なぜ謙虚に振る舞わない。

本当に”世界一”と謳うほどウマいピザ、いやピッツァなのか。答えはすぐに分かります。

f:id:zuboriradio:20160228144040j:plain

 堂々とした佇まいの「ピッツェリア」の文字。これと同じやつの小さいサイズが家にほしい。

f:id:zuboriradio:20160228144258j:plain

5分くらい待って、やっと入店。14時過ぎくらいだったので、そこまで混んでいませんでした。

まず、席に着くなりメニューを確認します。どうやら、ここは「マルゲリータ」と「マリナーラ」しか置いてないタイプのピッツェリアらしいです。ストロングスタイル。潔くていいじゃないですか。

f:id:zuboriradio:20160228144924j:plain

平日はランチプレートもやっているそうです。ピザはないんだ。

f:id:zuboriradio:20160228144928j:plain

ピザのメニューの下には、プロシュートだけの情報が載ったメニュー表が。これ、いま書きながら気付いたんですけど、全部750円だったんですね。

f:id:zuboriradio:20160228144707j:plain

全部750円。

f:id:zuboriradio:20160228144711j:plain

これまで結構多くのピザを食べてきたんですけど、ピッツェリアでプロシュートを食べたことはなかったんですよ。

頼むのは、だいたいマルゲリータかクワトロフォルマッジのみ。機嫌がいいときには、それにペプシコーラを付ける程度。

 

 

そんな僕が、ここへきてそのルールを捻じ曲げて、あえてピザ以外のメニューを頼む理由がどこにありましょうか。そもそも「ルール」とは、守るためにあるもの。自分との「約束」です。

たとえ太陽が西から昇るようなことがあっても、決して自分との約束だけは守らないといk

 

 

 

 

 

 

 

 

プロシュート、めちゃくちゃウマいやんけ!!!!

プロシュート、めちゃくちゃウマい。なんなんですか、これ。美味しすぎる。さほど暑くはないものの、噛めば噛むほどに内側から滲み出る旨み。上品な舌触り。とにかく、ワインに合う…。

f:id:zuboriradio:20160228145746j:plain

 

マルゲリータ ドッピア 2000円

で、同時に注文したマルゲリータも到着。

これは、2000円のマルゲリータドッピアというピザです。マルゲリータにはもう1種類あって、もう片方は「マルゲリータ ノルマーレ」というそう。初めて見る名前だったので店員に違いを聞くと、「ドッピアの方がノルマーレよりチーズがちょっと多い」とのこと。情報量。とはいえ、僕はチーズが大好きなのでここは「マルゲリータ ドッピア一択っしょ!」ということでドッピアにしたという経緯です。

デカい!! これは今までに見たなかでいちばん大きいかも。多分直径30センチくらいあると思うんですけど、想像以上に大きいですよこれは。いま、みなさんが想像している「大きいピザ」があるとするじゃないですか。それの1.5倍でかいです。

f:id:zuboriradio:20160228150604j:plain

切れ目がないタイプのピザなので、ナイフとフォークで切っていきます。この切る瞬間、トマト?チーズ?の汁的なものが中にとろっと溢れだすのが最高に贅沢でたまんないんですよね。この世にある「汁」のなかでいちばん綺麗な「汁」がこれです。

f:id:zuboriradio:20160228150641j:plain

これが1/8サイズ。写真じゃわかりづらいですが、これ結構縦に長いんですよ。食べるのにちょっと苦労するくらい長い。でも、そんな苦労買ってやりましょうじゃないですか。だって、めちゃくちゃうまいもん。

f:id:zuboriradio:20160228150809j:plain

ダ・ミケーレのピザはとにかく生地がもっちもちで柔らかくて、耳までずっとうまい。トッポくらいずっとうまい。で、トマトがあまり濃厚すぎず、生地本来の風味を味わう感覚があります。

チーズもいいチーズを使っているっぽくて(なんか、知っている風に書いてますけどチーズに関する知識は皆無です)、あんまり安っぽい食感がしないんですよね。安っぽいチーズって、噛んでいくうちに、1ヶ月間天日干しして劣化したゴムを寄せ集めたみたいな食感がすることがあると思うんですけど、その感じが一切ないんです。

f:id:zuboriradio:20160228150815j:plain

 

1枚2000円と、マルゲリータ界では結構高めの値段でしたが、サイズと味が分かって完全に理解しました。たぶん、ここはむしろ安い。1000円のピザランチで適当なてろってろのピザを食べるより、2000円出してこっちを食べた方がはるかに満足度は高いです。

店自体はそれなりに広く、ワイワイガヤガヤした雰囲気が特徴的でした。4人以上座れる席も結構あって、それくらいの人数で行くには持ってこいかも。

 

お店情報