読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉祥寺のピザ・GGの水牛モッツァレラがめちゃウマすぎる

Pizza

ピザが好きで週に1度くらいは何かしらのピザを食べてるんだけど、吉祥寺のピザの名店「ピッツェリア GG」に行ってきたら本当にめちゃくちゃウマかった。

店は、吉祥寺駅の南出口から井の頭公園に歩いていった方面にある。いせやとか、スタバとかサブカルっぽい服屋などが軒を連ねる通りから一本逸れたところにひっそりと見えてくる。地下1階なのでパッとは見つけられないかもしれないけど、地上が美容院になのでそれがいい目印になっている。

店自体は結構混んでいて、ドアにぶら下げてある予約表に名前と連絡先を書いておけば、入店可能になったら店員さんが電話でお知られしてくれるというシステムになっている。その間は井の頭公園や、そのへんの店をぶらぶら歩いていると結構すぐに時間は潰せる。

f:id:zuboriradio:20150628141434j:plain

店の中は結構せまいんだけど、それ故にかなり賑やかな雰囲気が漂っていた。カップルや夫婦、家族連れはもちろん、1人で食べにきているシュッとした外国人のイケメンや、学生っぽい女性など、客層は多種多様。

メニューはやっぱりナポリピッツァの店らしく、「モッツァレラベース」と「トマトソースベース」、から選べるようになっている。あと、「スペシャルピザ」的なやつもあったけど、それは忘れてしまった。

今回は「トマトソースベース」からマルゲリータと、「モッツァレラベース」からマチェライオを選択。まぁ、無難なセレクト。今回は2人で行ったので、それぞれ半分ずつシェアするということに。この「シェア」という概念も、ピザならでは。

f:id:zuboriradio:20150628141450j:plain

f:id:zuboriradio:20150628141455j:plain

マルゲリータの方はトッピングに「水牛モッツァレラ」をつけてみた。

以前、『ざっくりハイボール』で小籔さんが、「できることなら、マルゲリータでも、一番うまい水牛のモッツァレラをトッピングして食った方がいい」みたいなことを言っていたからだ。

550円は、すこし高いような気もするけど、どうせ普通のモッツァレラで食べたところで「水牛モッツァレラはどうなんだろう…」とモヤモヤするので、これは仕方ない。松屋の牛丼大盛り1回分を捨てる覚悟でオーダーする。

f:id:zuboriradio:20150628143317j:plain

ピザを待っている間にメニュー表をパラパラと眺めていると、「ナポリピッツァの食べ方」というページを発見した。

宅配ピザなどでピザを食べるときはカットされた状態のものを食べることが多い。けど、この店のピザは焼きたてのまるまる1枚をそのまま持ってくるので、それを自らカットして食べるというルールになっているみたい。

あと、基本ピザは1人1枚。そこそこボリュームがあるので、そこは気をつけたいところ。

f:id:zuboriradio:20150628141513j:plain

他には、ピザの食べ方を説明するページも。

コロコロするローラータイプのカッターじゃなく、普通にナイフとフィークで食べるらしい。

f:id:zuboriradio:20150628144439j:plain

こっちはお馴染みの食べ方。いまさら気付いたんだけど、なんでこれゴリラがモチーフになっているんだろう。

f:id:zuboriradio:20150628144448j:plain

そうこうしていたら、とうとうマルゲリータがきた。

やっぱり、水牛モッツァレラチーズは色が白くつやつやしている。見た感じ、誰の期待も裏切りそうにない、堂々たる出で立ちである。耳もしっかりと焦げがついていて、食欲をそそる。

本当はこうして写真を撮っている時間も惜し。いますぐにでも食べたい。

f:id:zuboriradio:20150628130702j:plain

 食べ方の指南通りにナイフとフォークで生地をカットして食べる。

まず口いっぱいに広がる水牛モッツァレラチーズの風味ともちもち感。ホントに、普通のモッツァレラチーズとは比べ物にならないくらい味が濃厚で、チーズの味を全面主張してくる。

かといって、それがうるさい感じでもなく、ずうーっと主張しながら、トマトとバジルのメインキャラクターをしっかりと際立たせている。マジでうまい。

生地ももちろん薪窯で焼きたてのものなので、最後までもちもちしていて、おそらく直径25cmだろうと思うけど、それ以上ボリューム感があるように思わされる。

f:id:zuboriradio:20150628131011j:plain

 チーズがしっかりと存在しているので、切るのにちょっと苦労するレベル。

こうして手で持ち上げようとしても、とろーんとすぐに落ちてしましフォークでなんとかうまく、こぼれ落ちないように拾いながら食べ進めていく。

これを食べながら「俺は、もう普通のモッツァレラでは満足できない体になってしまった…」などと考えていた。だって、「人間、生活水準を落とすのはなかなか難しい」みたいなこと言うじゃないですか…。

こっちはマチェライオ。サラミとかベーコンとか、3種類の肉が乗っかったモッツァレラベースのピザ。

f:id:zuboriradio:20150628145610j:plain

これは、もうとにかく一言。

「ビールが欲しい」。

ただ、これに尽きる。3種類の肉から出る少ししょっぱい風味、それを際立たせるモッツァレラベースの生地。「ジンジャーエールなんか飲んでいる場合ではない、どう考えてもここはビールだ。Beerだ」と、生まれて初めてこんなにビールを欲する気持ちになった。

その後は、もう、無心で食べただけです。ごちそうさまでした。

f:id:zuboriradio:20150628145919j:plain

宅配ピザもいいけど、やっぱり薪窯で焼いたばかりのナポリピッツァが一番うまい。老後は、山にこもって自分で作った窯でひたすらマルゲリータを焼くだけの生活がしたいな…。

 

 

関連記事