読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピース・又吉の「又吉っぽいなぁ」と思うツイートをまとめてみた

最近はもっぱら芸人のTwitterの傾向について調べることにハマっています。そんななかで特に異彩を放っているのがピース・又吉さんです。 それにしても、「もっぱら」の「もっぱら感」はすごいですね。

f:id:zuboriradio:20140410173528p:plain

ピースといえば、最近はテレビで見ない日はないくらい活躍されている売れっ子芸人であり、キングオブコント決勝出場経験を持つなど名実ともにまさに「期待のホープ」とも言える存在です。テレビ好きなら知らない人はいないでしょう。

さらに又吉さんと言えば自他共認める「本大好き芸人」であり、雑誌でのコラムを担当するほどなのです。

趣味は散歩と読書で、通算2,000冊以上も本を読んでおり、活字が躍りだす夢を見るほどの読書家。好きな作家として、太宰治[4]芥川龍之介[3]古井由吉[5]京極夏彦中村文則等を挙げている。「太宰治ナイト」「松尾芭蕉ナイト」などのイベントを主催している[6]。また同人誌即売会 (文学フリマ)に足を運ぶこともある[7]。携帯の待受け画面は太宰治(昔正岡子規だったことも)で、以前に三鷹市下連雀の築60年以上の風呂なしアパートに住んでいた時期があったが、過去に読んだことのある「太宰の家から吉祥寺への行き方」と同じであったため三鷹図書館で詳細に調べてみると、その住所が太宰家の旧住所にあたることが判明した[8]

こちらのインタビューは、本に対する思いや本を好きになったきっかけなどが語られていてファンでなくとも十分おもしろい内容となっています。

芸人随一の読書家ピース 又吉 直樹がGALAPAGOSに出会った!

お笑い界イチの読書家! 「ピース」又吉直樹流、本の選び方、楽しみ方 日経トレンディネット

国語の教科書の便覧に載っているような作品が、どうやら自分の好みらしいと気づいて、芥川龍之介から太宰治、三島由紀夫などの純文学を読みあさりましたね。中学、高校の電車の行き帰りに、新潮文庫などで読んでいました。

やはり、ネタや言葉のチョイスにも「本をよく読むひと」だなぁと思わせるような深みというかセンスが感じられますね。これらの特徴を存分に活かして「第二図書係補佐」という本も出版されています。

お笑い界きっての本読み、ピース又吉が尾崎放哉、太宰治、江戸川乱歩などの作品紹介を通して自身を綴る、胸を揺さぶられるパーソナル・エッセイ集。巻末には芥川賞作家・中村文則氏との対談も収載。

なんだかほっこりするショートショートを読んでいるような気分

芸人さんのツイートは、基本的には素人のそれにはない独自のおもしろさがあるのですが、又吉さんのツイートは特に独特なものが多い印象です。

ここでべらべら説明するのもナンセンスなので、僕が特に「又吉さんっぽい」と思ったツイートを14個選んだので紹介します。

その時々に起きた出来事や心情の変化を情感的に表現しているものが多いです。それでいて、人見知り的な部分や「自意識過剰な自分」に悩む様子などなんとも人間臭い感じもたまらないです。

インタビューでは「僕なんて平凡な人間です」と語ってはいますが、こういう日常の些細な変化を切り取って140字の中でこうして表現できるのは立派な才能だと思います。なんだか、小説が読みたくなってきましたね…。

昨年発売された、こちらの随筆集「東京百景」も又吉さんっぽさがたっぷり詰まったいい本みたいで、オススメです。

関連記事